相続税額から控除される贈与税額

生前において財産をもらった場合には贈与税が課されます。
贈与税は、生前に財産移転が行われてしまったことで、相続税を課すことができなかったことを補完するために課されます。

そのため、故人が亡くなる前3年以内に行われた贈与により取得した財産に対しては、相続税の課税のし直しが行われることになっています。
相続税の課税のし直しであるため、贈与の際に課された贈与税は相続税から控除されることになります。


その控除される贈与税額の計算の際、注意すべき点が何点かあります。まず、その贈与が故人が亡くなった年に行われた場合です。亡くなった年に行われた場合、贈与税を支払ってもすぐに相続税が課されるため、亡くなった年の贈与財産に対して贈与税は課税されないことになっているのです。


次に、故人以外の者から贈与を受けている場合です。



贈与税は受贈者ごとに年に1回課されます。そのため、他の者から贈与を受けている場合、その贈与財産も含めて計算する必要があります。

計算された贈与税については、贈与財産の評価額で按分することになります。



そして、自分が故人から財産を取得していることです。課税のし直しが行われるのは、故人から財産を取得した者のみとなっています。
故人から財産を取得しなかった者については課税のし直しは行われず、贈与税が課されて課税関係は終了します。

相続税は申告納税方式の税金であるため、申告した控除額が少なかったとしても税務署の側で修正してくれることはありません。

正確に計算し、無駄に税金を払わないようにしましょう。